スピードラーニングを使っている有名人・スポーツ選手(石川遼・高橋尚成・手塚翔太)

スピードラーニングを使っている有名人・スポーツ選手

スピードラーニングは世界を舞台に活躍することを目指すスポーツ選手に愛用者が多い傾向があります。

みなさん、練習や試合で忙しい中、移動時間にスピードラーニングを聴いているようですね。

以下、スピードラーニングを愛用している有名人・スポーツ選手です。

プロゴルファー・石川遼(いしかわ りょう)

スピードラーニング受講生として一番有名なのがプロゴルファーの石川遼くんでしょう。

プロゴルファーとして世界で戦うためには英会話力が必要ということで、2007年7月からスピードラーニングを受講したそうです。

石川遼くんがスピードラーニングをはじめたきっかけが、お父さんの石川勝美さんです。

石川勝美さんは次のように語っています。

まぁ、もともとゴルフを始めた時にも、アメリカでやるマスターズ、これに僕は優勝したいんだ。
一生掛けてその努力をするんだっていってたくらいですから。
ま、僕も一生懸命何かいいものないかなと見つけてたんですね、高校に電車通学するという時に。
(スピードラーニングを知った時に)あっ、こういうのがあるんだ。もう、まさにどんぴしゃりだと思ったんですよ。
こう聞いているだけで、1日5分でとか、本も見なくてもいいわけですから。
もう全然、苦にしてないですね、英語はね。

石川遼くんは次のように語っています。

朝とか、家から学校まで、だいたい1時間半くらいかかるんですけど、その間ほとんどスピードラーニングを聞いて、自分の耳でスピードラーニングで英語の耳を鍛えるというか、そんな感じでかなり役立っていますね、はい。
僕はいつも移動中にスピードラーニングを聞いています。アメリカの皆となんとなくコミュニケーションがとれるようになってきました。
スピードラーニングから聞こえてくるネイティブの英語を聴いて、「これはどういうことを言っているのかなぁ?」と、まず自分で考えて、その後に日本語で意味を言ってくれるので、「あっ、こういう時はこうやって言うんだぁ」とか思いますね。
日本のツアーであっても外国人の選手というのはいますし、とっさに話しかけられたときに、その英語が聞き取れるようになってきましたね。相手の言っていることが、だいぶ英語でも分かるようになってきて、まぁ、簡単なことであれば説明できたり、そういうことができるようになりましたね。

プロ野球選手・高橋尚成(たかはし ひさのり)

2009年11月にFA宣言して、メジャーへの移籍を目指すことを発表した元巨人軍の投手・高橋尚成選手。

メジャーリーグで野球をするとなると、他の選手たちと英語でコミュニケーションがとれなくはいけません。

そんな高橋尚成選手が選んだ英語教材がスピードラーニングでした。

高橋選手がスピードラーニングを選んだ理由は、「石川遼君が使っているから」ということです。

高橋選手は、2010年はニューヨーク・メッツで活躍しました。

プロウェイクボーダー・手塚翔太(てづか しょうた)

小学校2年生でウェイクボードを始め、現在、プロウェイクボーダーとして活躍する手塚翔太くん。

2005年に国内最年少となるプロウェイクボーダーに昇格しました。

1993年生まれと、2010年の時点で若干16歳です。

手塚翔太くんの夢は、プロウェイクボーダーとして世界チャンピオンになること。

世界を舞台で戦うために選んだ英語教材がスピードラーニングでした。

体験者の声・体験談に続く »